やることやっとく

小松未可子さんのことを中心に、好きなことを好きなだけ

アルバム『Q-MHz』

 

Q-MHz

2016年1月27日発売

 

 

畑 亜貴さん、田代智一さん、黒須克彦さん、田淵智也さん(UNISON SQUARE GARDEN)がタッグを組んだグループ「Q-MHz」のアルバムを買いました~

 

f:id:meyori:20160220232131j:plain

 

アニメやらゲームやらが好きな人にとっては、絶対どこかで1度は目にしたことがあるメンバーで組まれたユニットです。

www.toysfactory.co.jp

 

このプロジェクトが話題になっている時は、

こんなメンバーでグループを組むこと自体が、すごいなー+新しい!って思ってたのですが、

参加するゲストボーカルが発表になり、

なんとなんと「小松未可子」の名前が!!!

 

 

 

 

みかこし以外には、鈴木このみさん、東山奈央さん、南條愛乃さん、LiSAさんがボーカルとして参加していて、各2曲ずつで計10曲が収録されていて、

各ボーカリストごとに「セクションリーダー」という代表者を立てて制作されています。

 

f:id:meyori:20160221000141j:plain

 

 

 

ということで、購入して聴いてからもうだいぶ経つのですが、ちょこちょこっと感想を………

とはいえ、私は小学生の時に習い事で行ったピアノは苦痛すぎて3ヶ月ほどで辞め(しかも最後の1か月はひたすら、シュレッターで切った紙を組み合わせて編んで箱を作るという謎の遊びしかしていなかった)、

音符の読み方が分からず音楽会やら音楽の授業では友達にドレミを片仮名でふってもらっていたような奴なので。

歌詞がどうだ、歌い方がどうだと、曲がどうだと、音楽的なことを、

偉そうにコメントをする知識も何もないので、

ただただ感じたままに個人的感想をつらつらーっと書きます!

みかこし曲中心で、完全に私的感想です!

 

 

 

02.『ふれてよ』

ゆったりとしたミディアムバラードのラブソング。

セクションリーダーは田淵さんです。

 

「凛とした大人の女性」をイメージして作成されたとのことで、

曲調、歌の雰囲気としては、みかこし本人曲でいうと、『アンブレラ』(1stアルバム『THEE Futures』収録曲)、『Material』(2ndアルバム『e'tuis』収録曲)あたりに近い感じかなーと思います。

みかこしってバラードを歌うと、びっくりするぐらい透明感のある声で、しかも色んな意味で“上手に”歌うなって、いつも思うんですが、

今回はその要素が前面に出てるというか、丁寧で、声に感情が溢れるぐらい込められてるというか。

それがこの『ふれてよ』のテーマにすごく合ってました。

 

みかこしの歌を聴くといつも、曲ごとに、ワンフレーズごとに、言葉一つ一つごとに、もっと言えば一音ごとに、感情とか、歌い方とか、声の出し方とかが違うように感じて、

それがよく感じられるのがバラードなので、じっくりと“聴かせる”歌という意味では、この曲は本当に声にも歌い方にも合っていたなーと思います。

 

私は、みかこしが歌の時に見せるギャップというか、いい意味での違和感が好きなのですが…

例えば『初恋』(2ndアルバム『e’tuis』収録曲)はCDで聴いた時には“大人の女性”が思い出を歌ってるような印象があったのが、

ライブ(MIKAKO KOMATSU 2nd LIVE TOUR〜in the suite〜)だと、声が甘くかわいらしく“少女”感が出て、それが歌詞の内容とすごくアンバランスで、そのギャップが最高なんです。

 今回は一つの曲の中でそういうギャップ・アンバランス感が感じられるなと思いました。

 

「いつまでも夢みたいな あまい恋なんて似合わない」

「どうして君がいいんだろう」

強く見える“女性”が感じられる芯の通った声と、

「ゆるしてよ好きだよ」「ふれたいよ」

の繊細で脆くて、でも伝えようと歌う声。

歌詞とも相まってこのいわゆる【揺れ動く恋心】みたいな、ともすればちょっと恥ずかしい、

(というか現実だと面倒くさい女め…と思ってしまう笑)そういうものを、声の印象・歌い方だけでも

表現されていて、さすがだなーと思いました。

 

みかこし曲で描かれる女性の、恋愛模様をよく想像するというか、

声とか歌い方が、そういう背景を連想させるので、みかこしの歌を聴きながらよく妄想をしています(笑)

例えば『アンブレラ』と『Material』はアンサーソングのような、同じテーマで、と言われてますが、

・『アンブレラ』は、一緒にいるけど結ばれていない・想いが通じ合っていない2人

・『Material』は、結ばれている・想いが通じ合っているけどそばにいない(いられない)2人

歌詞はもちろん、声や歌い方からそんな印象を受けます。勝手に解釈しちゃってるだけなのですが、

そういう背景だとか情景を想像させてくれる歌声です。

 

『ふれてよ』は、“好き”というシンプルな感情だけでは動けない、素直にはなれない大人の女性が、

女性だからこその純粋な恋心と、大人だからこそのちょっぴりの狡さの両面を持ち合わせているような。

そんな2つの感情の間で揺れ動く、というよりは、その両方を自分の中で抱え込んで

そんな思いから出てくる「ゆるしてよ 好きだよ」「ふれてよ ふれたいよ」かなと。

こういう歌詞を、さらりと歌えるのが、みかこしのバラードで好きなとこです。

みかこしの声が、ストリングスだったり、サビの壮大な盛り上がりだったりに、負けないし

透明感のある歌声が、作り上げられた音の中に綺麗に溶け込むというか、聴いていて本当に心地が良いです。

 Q-MHzメンバーが「力作」と感じる作品ということで、作詞の畑さんが言う通り「スッキリしているのに切なく泣ける曲」です!

 

www.youtube.com

 

 

 

09.『short hair EGOIST』

アップテンポなギターロックナンバー!

セクションリーダーは田淵さんで、作曲は黒須さんと田淵さんが共作で作成されたとのことです。

 

みかこしのこういう弾けた曲は、『LISTEN!!』(3rdシングル『終わらないメロディーを歌いだしました。』収録曲)しかり『MAGIC RADIO』(7thシングル『群青サバイバル』収録曲)しかり、聴いていて楽しい!

いろんな声、歌い方で、みかこしが“遊んでる”のが感じられるので、聴いていてすごく楽しいです。

田淵さん節で、すごく歌うのが難しい歌なんだろうなーと思うんですが、

それをしっかりと歌いこなして、でもどこかちょっと雑(というと言い方が悪いですが)というか、

綺麗にこじんまりと終わらせない遊んでる感じの歌い方が、こういう曲では存分に味わえていいんですよね~。

1番と2番の間にラップパートがあるんですが、みかこしのラップってラップっぽくなくて

歌というよりは、ラジオでみせる流暢な喋りに近い感じがして、すごく好きです。

跳ねるみたいな言葉の並べ方とか、リズムの乗り方とかが、聴いていて本当に楽しくなります。

あとは、もう単純に「ごめんねあそばせ!」とか「もう笑わせないで」とか「well-made!」の歌い方とか、声が、とっても可愛くて、きゅんきゅんきてしまった…

みかこしの弾けて高めに振り切った声かわいい…「らったった」とかも歌っているところを創造すると、

たまらんかわいいです///

「もう笑わせないでっ」の後にみかこしの笑い声が入ってるんですが、ちょっと作った珍しい「はっはっは」って笑い方でかわいいです///

6thシングルの『Latimer Road』でも歌中に笑い声が入ってたりしますけど、あっちは「ふふっ」って感じの笑い声で、それはそれで女の子感全開のくすぐったい可愛さです。

 

購入してからほぼ毎朝この曲を聴くのが日課になりつつあるんですが、

みかこしの、こういうノリの良い歌を、ただ勢いだけじゃなく、強さでもなく、サラッと歌えるところが気持ちが良いです!

 

www.youtube.com

 

 

アルバムの最初から2曲目と、最後から2曲目に、みかこし曲があることで、アルバム全体のバランスというか、きゅっと締まる感じがするというか……

ファンの欲目でもありますが、すごく良い曲で、すごく良いポジションで参加させてもらったんだなーと思いました。

アルバムのコンセプトとして、「“違うドレス”を着せたい」というテーマがあり、普段とは違う・新しい可能性・歌舞伎感が取り入れられているそうです。

正直「全く聴いたことのない、新しいみかこし」というわけではないですが、

ファンとしては、「歌ってほしい」曲、聴きたい「声」を用意していただいた感じで、大満足でした!

特に今CDが去年8月の7thシングル『群青サバイバル』以降出てない状態ですし、

キャラソン以外の本人名義の新曲が聞けてない状態だったので、単純にすごくうれしかったです。

どちらの曲も、ぜひLIVEで、生で、聴きたい!歌ってる姿を見たい!

所属レーベル周辺がちょっとごたごたとしてますし

CDリリースも、LIVEもしばらくは難しいのかなーと思うので、こういう形ででも声が聴けて、嬉しいなーと思います。

 

 

 

ここからは、さらーっとではありますが、他ゲストボーカル勢の曲感想です。

 

Featuring LiSA

01.『LiVE DiVE MHz!!』

これがLiSAだ!と言えるほど曲は知らないですが、これがLiSAだ!としか言いようのない一曲。

疾走感、ライブ感、高揚感、ガチャガチャ感、まさにLiSAっぽい曲!

07.『JURASSiC KiSS』 

LiSAっぽくない!と言えるほど曲は知らないんですが(2回目)、ジャジーな曲調と、それに合わせたセクシーな歌声が、今まで聞いたことないLiSA曲。でも声とか、ふとした癖とか、随所でやっぱりLiSAだなって感じます。

LiSA曲はどちらもタイトルの「i」が小文字になっているのが遊び心で良いですよね♪

 

Featuring 鈴木このみ

03.『星の名は絶望』

鈴木このみさんは、テレビアニメ「魔弾の王と戦姫」のOPだった『銀閃の風』だけしか知らないのですが…

歌詞も音も重い……けど、鈴木さんの声の厚み・歌い方で、重苦しくないカッコイイ曲になってました。

でもやっぱり重い(笑)

10.『「ごめんね」のシンデレラ』

すごく好きです。シンプルに、ド直球に「いい歌」だと思うんですけど、それが声・歌い方でつまらなくない、というか。

一言一言、言葉をはっきりと強く歌う印象があるので、歌詞の多さも気にならないですし、曲調もクライマックス感があって、アルバムの最後に合ってるなーと思いました。

 

Featuring 東山奈央

04.『手探りで今のなかを』 

すごくアニメのEDっぽい曲です。

キャラソンをたくさん歌ってらっしゃるとのことで、

甘い歌声で、歌いなれている感じがしました。

06.『I, my, me, our Mulberry』

こども東山さん・大人東山さんのデュエットです。

声の使い分け、アニソンらしいキャッチ―なノリがすごいです!ノリも良くて、聴いていて楽しくて、すごくお気に入りです。

東山ちゃんは今回のゲストボーカルの中で唯一個人名義でのCDデビューをしていないので、今後に期待です!

 

Featuring 南條愛乃

05.『La fiesta? fiesta!』 

少女と少年、大人と子ども。境目で不安定な存在を歌ってるのが、ナンジョルノの声に合ってました。

すごく絶妙なバランスの声とか歌い方ですよね。

08.『愛シカタナンテ知ラナイ』

一番最初に聴いたとき、「これナンジョルノの声?」ってったのが、何回か聴いていくうちに、

「あ、ナンジョルノや」ってなったくらい、声が馴染んでる?感じでした。昭和っぽい雰囲気です。

 

 

 Q-MHz

歌詞ひとつひとつ、音のひとつひとつが凝っていて、作り込まれていて、

もっと上手い言葉で表現したいんですが

シンプルに、やっぱり天才が集まると天才的作品が生まれるんだなーと思いました。

今回の参加ボーカル面子も、なかなか普段は聞かない(歌を聴いたことがない)人もいる中で、

全く違うバラバラの曲を10曲集めてもなんとなくまとまっているというか、

ひとつの作品として完成されていて感動しました。

なにより、今回ブックレットによると、ゲストボーカルはQ-MHzメンバーが今まで曲を提供したことがあるアーティストを中心に集めて、

プラス1名として、実力派のボーカリストに参加してもらいたい…という理由で、みかこしをキャスティングしたとのことで。

ファンとしてはそんなお言葉が聞けるのがすっごくすっごく嬉しいですし、

「そうなんです!歌がうまくて!ぜひ!聴いて!」って気持ちになりました(笑)

 

あ、ブックレットと言えば、各曲のコメンタリー・歌詞、

Q-MHzメンバーと、ゲストボーカリストのグラビアが数カットが載ってます!

ゲストボーカリスト5名は白の衣装で統一されていて、それぞれが歌唱を担当した歌詞ページに、全身と身体の一部がワンショットずつ掲載されてます。

 

 このツイートの衣装を着てらっしゃるんですが、みかこしのお衣装がポーズによって太ももが露わになっておりまして…

ぜひ…ぜひ…見ていただきたいです………

もうワンショットの後ろ姿もすらりとしていてとっても素敵ですし、きりっとした表情も本当に綺麗です。

でもとにかく太ももです、太もも、最高です。

 

 

と、言うのは置いておいて(笑)

アニメ業界、音楽業界、5人のゲストボーカルファン、それぞれ色々な分野の方が購入されているんだと

思うのですが、ぜひぜひ…みかこしの魅力を知っていただきたいですし、そのきっかけがこのCDっていうのも素敵だなーと思います。

私はみかこしファンなので、どうしてもみかこし寄りの感想になってしまうんですが、

参加アーティストさんのファンであれば絶対満足な出来上がりですし、何も知らない方でもきっと楽しめる作品だと思います!!!