やることやっとく

小松未可子さんのことを中心に、好きなことを好きなだけ

小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps" 東京公演

2017/7/22 小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps”

 

ツアー初日、参加してきました!!!

 

以下はセトリ、MC、内容等のがっつりネタバレになりますので、

閲覧はご注意ください!!!

 

 

 

 

 

小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps”

2017年7月22日(土) 東京都TSUTAYA O-EAST

 

f:id:m_moi:20170724232639j:plain

 

  1. また、はじまりの地図
  2. Imagine day,Imagine life!
  3. エンジェルナンバー
  4. Infinity Sky
  5. 純真エチュード
  6. ランダムメトロノーム
  7. 硝子の地球儀
  8. ふれてよ
  9. Starry Rally
  10. short hair EGOIST
  11. だから返事はいらない
  12. 流れ星じゃないから
  13. Sky message
  14. My sky Red sky
  15. Catch me if you JAZZ
  16. HEARTRAIL
  17. my dress code

    アンコール

  18. Maybe the next waltz
  19. Latimer road
  20. Lonely Battle Mode

 

 

 

以下は、感じたままに個人的感想です!

 

1.また、はじまりの地図

予想通り…というか、今回のツアーのスタートを飾るならこの曲しかないでしょう!
一曲目は「また、はじまりの地図」
あのピアノのイントロが流れた瞬間にグッとくるものがあって、そこにみかこしの「地図、ふと書き込んだ」で、もうあかんかった…一曲目から泣いてました…
CDでは、出たしからサビまでは呟くように歌ってた印象やったけど、ライブでは力強く一言一言歌ってた感じ。
サビ前の「名前のない気持ちが溢れ出してく」の表情がなんとも言えんくて、そこからサビで一気に溢れ出すように歌う「そうだった」がめちゃくちゃ良かった。
歌い方も演奏も、CDよりライブ寄りになってたと思うけど、「その方向を目指しながら」の最後の音の抜き方がCDみたいに優しくて、安心したというか。
そこからの「点をまた一つ書き込んでく」の高音の伸び方、広がり方がまたすっごい綺麗。
最後の「その方向を目指しながら」の方は、力強く歌い切る感じで、CDとはまた違ってライブ感があったなぁ。
あと、出だしの「地図、ふと書き込んだ」と最後の「地図、ふと書き込んだ」が全然違った!歌い方も声の響きも表情も。

出たしのいっぱいに吸い込んだ息を一言一言に詰め込む感じの力強さと、最後のちょっと抑えたような、でも芯のある力強さと。
こうやって歌詞の一つだけで表現の方法がたくさんあるのはみかこしやなぁと思った。
後に続く「新しい旅がはじまるね」で、ちょっといたずらっぽい表現に変わったところで、「おっ、二曲目はあれですね!」ってなったし(笑)
とにかくみかこしがあんなに嬉しそうな表情で「新しい旅がはじまるね」って歌ってくれたことだけでも、ほんまにほんまに嬉しかったなぁ…

 

2.Imagine day,Imagine life!

アルバムの流れ通り…というか、この二曲目にはやっぱり繋げて歌うことに意味があると思うから、
二曲目でもはやこのライブ最高すぎるやんってなった。

CDで聴いててももちろん良かったけど、ライブで聴くとこの曲のイントロってほんまに最高すぎるね…なんかもうほんまに“始まり”を感じさせるあのイントロ。

「また、はじまりの地図」からの流れに、とにかくテンションがぶち上がって、興奮しすぎて飛びながら泣いておりました…←え

 「私、強気似合うよね?」の問いかけるような歌い方から、「瞬間で「そうだ」って声したかも!」で楽しそうに跳ねるところがかわいくて、

ラストサビ前の「だんだん速くなってく」では力強く声が伸びていく感じも印象的やったなぁ。

最後の「気楽のWinkして」のところは絶対ウインクするやろうから絶対見逃さんとこと思って備えてたら

運よくちょうど目の前に来てくれて、ばっちりみかこしウインクを目に焼き付けることができました…最高やった…可愛すぎた…悲鳴みたいな声上げて飛び跳ねてしまった…

 みかこしさんは照れが勝ってあんまりウインクとか可愛らしい仕草が苦手な節があるけど、

ウインクした後の「やったったで!」みたいなドヤ顔がめちゃくちゃ可愛いよね。

 

3.エンジェルナンバー

まさかのエンジェルナンバー!

バースデーソングやし、ハピこし限定曲になるかなと思ってたからイントロが流れた瞬間にびっくりして最初のイエー!を逃しそうになった…危ない危ない…

完全に誕生日曲ではあるけどコールもクラップもジャンプもあって、盛り上がり要素が多いからライブにはもってこいやしね!なにより客席にマイクを向けて、コールとかイントロで声出したり、クラップするとみかこしが嬉しそうな顔してくれるからこっちまで嬉しいし。

1番の「じゃじゃ馬も着飾って」で、いたずらっぽい表情してたところも可愛かったし、「せーので、振り返らせてみて」で後ろ向いてパッと振り返る仕草は何回見ても可愛い!!!

これもウインクと一緒で「振り返ったで!」って感じのお顔をするんですよ…かわいい…

ラップ調の部分は、みかこしのちょっと喋り口調に近いあの軽快なリズムがライブ感があってすごいよかったし、「もう、とめどなくて~」の部分とかもあれだけ早口になっても歌詞がすごい聞き取りやすいんよなぁ。

2曲目3曲目とかなり激しく動き回ってたけど、息も切れてなくて絶好調に盛り上げてくれましたー。

ラストの「ハッピーバースデー!」は「小松未可子です!」に変えてて、あんなに嬉しそうに自己紹介する人おる…?っていうぐらい可愛かった///

 

4.Infinity Sky

まさか続きのInfinity Sky!

懐かしい曲も~発言から移籍前の楽曲をどのぐらい歌うかなぁっていうのも今回のツアーでは気になるところやったけど、

4曲目にコンセプトアルバム「Cosmic EXPO」から「Infinity Sky」!

ポップな曲調でサビのテンポも良いし、ライブ映えするというか、結構かわいいポイントがあるんよなぁ。

「ビッグバンの記憶?」のちゃんと“?”がついたような歌い方から始まって、「キラキラ手に触れて」で高めの声に変わって、そこからサビに繋がる感じもいいし。

「あたらしい世界に変わり出す」で、上を向いて声を出す感じになった時に、反った首筋がめちゃくちゃ綺麗で見とれてたら

間奏部分の「ぱらぱらぱっぱ~」で体の横で腕を動かしてめちゃくちゃ可愛いリズムの乗り方をしててやられた///

歌詞を改めて見ると今やからこそ色々と思うところあるけど、それはまぁツアー最終日まで終わってから、かな…

 

今回のセトリに組み込まれることによって、さらに4曲目にくることでかなり印象の変わった曲かな!

 

5.純真エチュード

マイクスタンドを用意したところで純真エチュードや!とテンションぶち上がり。

こう、ただただ盛り上がれる曲!は今までにあんまりなかったから純真エチュードはライブをする上ではめちゃくちゃ良い仕事するよね!

「ああring rang ring rang~」からサビにかけてはもちろんみかこしと一緒に手振りのダンス!楽しそうなみかこしを見てるだけでもーめちゃくちゃ楽しい!!!

「Oh yeah!」で両手を上に上げる時の勢いとか、間奏でマイクスタンドから離れてぴょんぴょん跳ねながら回る姿とか、とにかく1曲中、聴いてて&見てて楽しめる!

「選択肢は?」「嫌でしょう?」とか「なんてまだ甘いのかな?」で、ちょっと首を傾げるような仕草をしたり、

歌い方もちょっと無邪気な感じで、すごいよかったー。

 

6.ランダムメトロノーム

ここまでアップテンポで来て、ちょっと休憩。緩やかなメロディとリズムに、みかこしのゆったりとした歌声で癒やしやなぁ…と思いながら聴いてました。

ラブソングやし、みかこし曲には珍しく“恋”ってワードが出たりするのもあって、CDで聴くと可愛らしさのある印象やけど、

ライブではかなり伸び伸びと、落ち着いた歌い方になってた感じ。

「盛り上がれ」とか「行ったりきたりだよ」の力強い歌声やったり、

「単調なリズムじゃ飽きそう」とか「タメイキの法則 信じてたっけ?」とかは呟くような歌い方になったり、

かと思えば「深呼吸で「あのね」って」は可愛いめの声で。

こういうちょっとスローテンポな曲でも色んな歌い方で楽しませてくれるのがすごいよなぁって思う。

 

7.硝子の地球儀

私は音楽の専門的な…というか基本的な知識もさっぱり無いので、

ちょっとゆっくりな曲になると普通にバラードなんやと思うから、「流れ星じゃないから」が今回のアルバム唯一のバラード…ってインタビューで言われてるのを見て、これはバラードじゃないんや…と思ってたんですが(笑)

今回ライブで聴いて思った!バラードじゃないわ!

じゃあ何なんやと言われると分からんわけやけど…笑

まずあのイントロでぐっと引き込まれるんやけど、歌い出すみかこしさんの表情の美しいこと…息を飲む美しさというか…

CDでは出だしの部分とか、あえて淡々と歌ってるような印象があったけど、

ライブやと歌詞のひとつひとつ、歌声の一音一音が重たくて、

サビに向けてどんどん伸び上がっていくような。で、サビの「失いかけた時こそ」で一気に声が広がっていくような、そういう感覚。

正直「硝子の地球儀」の歌詞は世界観が壮大すぎて結局のところちゃんと理解できてるわけじゃなかったんやけど、

その壮大な世界観、ある意味現実離れした感じが、みかこしさんの歌声と歌い方で表現されてたというか。

サビで一気に声が広がる感じに、ぐっと引きつけられて歌の中に引き込まれるし、ただただひたすら聴き入ってしまった…

それまでの壮大な会場に響き渡るような歌声から一変しての「このセカイは脆いセカイ」の繊細さにも感動しました。

 

8.ふれてよ

CD発売時の感想でも書いたけど、

この曲は、すごいみかこしの声と歌い方に合うなーと思う。

丁寧に歌詞ひとつひとつに感情を込めて、じっくり“聴かせる”ように歌ってくれるから、歌声が曲の中に溶け込んでるように感じるというか。

特に今回のライブでは、壮大な「硝子の地球儀」の後やったからこそ、歌声の繊細さ、透明感がより際だって聞こえたかなっていう印象。

どちらかと言うと今回は、芯の通った力強い歌声でサビを歌ってたから、

「夢みてたいかも」とか「唇がふれたら」で、ふっと“弱い部分”が見えたりするのが、この曲のテーマになってる「凜とした大人の女性」を表しててすごいよかった。

なにより最後の「ふれてよ ふれたいよ」の歌声の繊細さと、みかこしの遠くを見つめる瞳が印象的で、この曲はライブで何倍にも良くなるなって思った。

 

 9.Starry Rally

ちょっと懐かしい曲を…というフリから1stアルバム「THEE Futures」収録曲「Starry Rally」!

2014年のハピこし以来?やから久しぶりのはずが、イントロの入りを聞いてあんまり

久しぶりに感じひんなーと思った、不思議。この3年間も普通によく聞いてたからかなぁ。

ライブではサビの「Rally…」「Starry…」のワイパーが楽しいし、歌詞もちょっと変わった綺麗な言葉が多く使われててすごいいい曲なんですよねー。

2番の「みぎひだり さざ波行ったり来たり」とかラストサビ前の「星と星結んで」の手の動きが前と変わってなくて、なんかそれを見て安心してしまった。

くるり 夜空 scrollして」とか「when you wish upon a star」とか、もともと歌い方が好きな個所が多い曲やけど、みかこしの歌声が変わらずに歌い方も「あーこれこれ」ってなる感じで楽しめた。

ただ、後のMCで自分でもネタにして笑ってたけど、途中歌詞が曖昧になってぼやぼや~と誤魔化して歌う部分がちらほら。そういうところも変わってなくて懐かしくていいんやけどね(笑)

会場限定曲でないなら、ぜひ今後リベンジで完璧なStarry Rallyを!笑

 

10.short hair EGOIST

 みかこしの「short!hair!EGOIST!!!」のかけ声で始まるこの曲!イントロからもうめちゃくちゃ上がりますよね!ライブ映えするし、盛り上がるし、今後ライブの盛り上がり曲常連さんになりそう。

出だしは意外と落ちつき目な曲やけど、「checkmate!」で前を指さしてキリッとした表情を決めたみかこしを合図にサビにかけて一気に盛り上がっていく感じ。サビ前の「ah-」が色っぽくて、きゃー///ってなってる間もなく、

サビのスピード感リズム感にのりのり!みかこしも飛び跳ねながら楽しそうに歌ってて、もーめちゃくちゃ楽しかった…!

「後ろ髪なんてもういらない」のポニーテールを揺らす仕草も「ナイ、ナイで駆け出せ」で手を振る仕草も、100点満点に可愛かったし、

「ごめんねあそばせ!」も歌い方も弾けてて最高!

そこからのラップも、喋り口調に近いたたみかけるような勢いで、「もしくはBOO?」も「もう笑わせないで」も歌い方が遊んでてライブ感がすっごいよかった!

「Dramatic!~」の部分とか、ラストの「お見知りなさって!」とか、1曲の中で色んな歌い方をしてくれる曲やから、色々な要素が楽しめて大満足な1曲!

 

11.だから返事はいらない

CDとライブではかなり印象の変わる曲。落ち着いた曲調やし、CDやと歌詞をじっくり聴く・みかこしの歌声に癒やされる…って感じやけど、ライブやとがらりと印象を変えて盛り上がり曲に!

アレンジとか歌い方っていうのもあると思うけど、なにより今回はみかこしがとにかく笑顔で、楽しそうに歌ってたのが印象的で、こっちまでめちゃくちゃ嬉しくなってしまった。

CDやと結構落ち着いたトーンで、“大人な女性”って感じの歌声やけど、ライブでは楽しそうにはしゃいで歌う感じが可愛かったなぁ///

ただただ盛り上がって弾けて歌うだけじゃなくて、「旅してるような日常~」の部分とか、「だから返事はいらないよ」とか、きっちり丁寧に歌う部分は丁寧に歌ってて、歌声もすごい綺麗やった。

「ハミングまじりの日常」の裏声の響きがすごい綺麗で、かと思えば、「やっと意味が分かるんだ」がすごい力強い歌声で、「君と」では遠くに届けるみたいに声が伸びて…この曲で、色んな歌声を魅せてくれることが嬉しかった。

とにかく色んな意味にとれる歌詞というか、言葉の一つ一つがすっごい印象的な曲やけど、

それを良い意味でさらっと歌える、ただただスッと耳に入ってくるように聴かせられるのは、さすがやなぁと思いました。

 

12.流れ星じゃないから

びっくりした。正直、めちゃくちゃびっくり。

ほんまに何様やねんって感じやけど、「歌、うまくなったなぁ」って。いやもともとめちゃくちゃうまいねんけど!

でも歌の活動を始めた頃よりも、もっともっと、格段にうまくなってるんやっていうのを、この曲で1番感じられた。バラードやからっていうのもあるし、ここまではとにかく「楽しい!」が先行してたから、

ここに来て、改めて「歌うまいなぁ…」としみじみ思ってしまった。

重ねて、どこから目線やって話やけど、みかこしの歌がうまいってただ歌唱力があるとか、技術がすごいとかじゃなくて(もちろんそれもある!)、

“聴かせる”歌として、めちゃくちゃすごいなって思う。

歌詞とか、そこに込められた想いとか、感情とか、背景とか。そういういろんなものを伝えようとする“歌声”やと思う。

だからこそ、バラードになるとそれがよりいっそう際立つし、単純にみかこしの綺麗な声が心置きなく楽しめるんよね。

歌い出しは、一言一言、歌詞を丁寧に歌う感じで、一瞬でしっとりとした空気を作り上げる歌声。そこから、「ずっと無言のまま眺めてた」で、一気に感情が込められたように、声が広がって、サビに繋がっていく感じがすごい良かった。

今回はとにかく丁寧に歌ってた印象やけど、

「答えがない夜空が今日も」からは、全身全霊で歌声を届けようとするみたいに歌ってて、みかこしの声が会場全体に響き渡る感覚には震えた。

そこからの「願い事は 流れ星じゃないから叶わない」での、声を震わせるような切ない歌い方に、胸がぎゅーっと締め付けられる感じで、とにかく感動した。

照明に照らされて、真剣な表情で歌うみかこしさんがものすごい綺麗で、美しかったのも印象的。

 

13.Sky message

MC明けにあのイントロ!2ndアルバム「e'tuis」のリード曲!

この曲、みかこしのイメージにも声にもすごい合ってて、作詞もみかこしやからすごい好きな1曲。サビ前までの、あえてちょっと抑え気味なところから、サビに向けて徐々に盛り上がっていって、サビで一気にバッと音が広がる感じが久しぶりのライブ披露でも健在ですっごいよかった!

「星が射す方へ」で手を伸ばして、ふっと笑ったみかこしの表情がすごい印象的で、いろんなことを思い出してしまった…

ラストサビ前の「運命って約束、本当?」のみかこしの歌声が会場全体を包み込むように広がる感覚にはゾクっとしたし、

ラストの「愛の鳴る方へ」の優しい繊細な歌声には、じんわりと癒やされた。

あと個人的に「“世界は 限りあるからこそ 自由だ”」の歌詞に、いつもBlack Holyを思い出すんやけどBlack Holyさん…(どこかの会場で歌われると信じてる)

MVの撮影場所が渋谷やったこともあって、今回の会場で歌われたのはなんか感慨深い…

 

14.My sky Red sky

Sky messageからの流れで、入りがアレンジされてた。なんか移籍前曲から、新体制アルバム曲に繋がる部分でこういう演出って…なんかこう…くるものがあります。

fhànaさんのコーラスはCD音源。

みかこしが、こういう曲調というか、スピード感というか、めまぐるしい音程の展開とか、難なく歌いこなすようになってて感動した…いや、何様やけど…

みかこしの歌声って、「流れ星じゃないから」みたいなバラードにも映えるけど、こういう曲でも合うよね。透明感のある歌声が、曲に負けないというか、逆に生きてくるというか。

「僕らをただ見守る」で、ちょっと荒く歌い上げるところもよかったし、サビの「世界よ美しく目覚めて」の裏声も綺麗に響いてた。

歌詞も曲調もノリも、アニソンっぽさがあるけど、それを重く感じさせん、さらっと歌えるところがみかこしやし、ライブになるとそれが今度は盛り上がりに変わるからすごい!!

 

15.Catch me if you JAZZ

ここまででもうかなりの体力を使い切ってて、体の衰えを感じてたところやったから、イントロが流れた瞬間に「ここでー?!」って崩れ落ちそうやった(笑)

だってこの曲ずっと飛んでなあかんねんもん!←あかんことはない

でも飛んだ。めちゃくちゃ飛び回ってた。だってみかこしが歌いながら楽しそうにぴょこぴょこ跳ねてるから、可愛いし、こっちまで楽しくなっちゃうし。

とにかく「Catch me if you JAZZ」はCDの時点でイントロ・メロディ・歌詞、どれをとってもほんまに最高すぎるわけやけど、

ライブで聴くとまたさらにいい!!!生バンドでの演奏も熱すぎたし、そこに跳ねるように歌うみかこしの歌声が重なってもう最高やった…!

Bメロからのサビの入り方とかライブで聴いてもやっぱり最高やし、みかこしの歌い方も随所に遊びが散りばめられててすごいいいんよねー。

「楽しいはまだEndless!」とか「せめてものサインです」の歌い方がちょっと子供っぽくて可愛かったなぁ///

ラストの思いっきり飛び跳ねながらの「私と踊ってくれませんか?」も最高…!踊ります!!!

ちょっと歌詞がふわっとしたところもあったけど、リリイベで歌った時よりも完成度は上がってたし、難しい曲やけど一気に盛り上がる曲から今後のツアーでの変化にも期待!

 

16.HEARTRAIL

イントロでまたまた崩れ落ちそうに…笑

ラストに向けて息つく暇を与えない怒濤の展開で、ITSツアーでみかこしが「ラスト!」って言うたからLISTEN!!で全体力を使い果たしたらまだAlwaysが残ってた時を思い出した。懐かしい(笑)

体も腕も限界近くても盛り上がれてしまうHEARTRAIL!

リリイベよりもかなりライブ感が強くなってて、特にサビの盛り上がりは最高!

「明日はどこまで走りたい?」の高音も綺麗で、ラストサビ前の「まだまだ先へ」で、スッと空気を変えるところもすごい!

サビの「HEARTRAIL」の歌い方ひとつにしてもすごいライブ感があって最高やったし、

「高く 高く 高く、ね!」で力強く声を重ねていく感じも高まるし、「GO&GO!!」でも飛べるから、「HEARTRAIL」に関しては、予想以上に盛り上がる曲やったなぁ。まさに「楽しくて止まれないくらいの勢いで」やった!

 

17.my dress code

本編ラスト曲。

イントロの時点で涙が出てきちゃって、曲中、終始泣いてたというか、後半はほぼ嗚咽漏らすぐらい号泣やった…

イントロのマリンバの音に乗せてのみかこしのコメント、そこから呟くように、声を零すように始まった「お気に入りのシャツ~」の入りで、ぐっとくるものがあった。

シンプルな言葉が多い歌詞やけど、その背景を、意味を考えてどうしても切なくなってしまう…でも、そんな感情とは逆に、みかこしがすごい笑顔で、ふわっとした表情で歌ってて、それに感動した。

あーこの曲をそんな表情で歌えるくらい、前を向いてるんやなぁって。

「wow…」のコーラスでファンの声を聴いて、嬉しそうに笑ってるみかこしを見て、ほんまにほんまに、好きになってよかったと思った。

ひとつひとつの歌詞を丁寧に、一音一音を丁寧に歌い上げてて、

「鏡に映るわたしが背中押すよ」の時にはじっと前を見つめてて、その表情がすごく素敵やった。

涙が止まらんくて、でもちゃんと聴きたいと思って必死に聴いてたけど、

耳に、体に染みこむみたいに、みかこしの優しい、でも力強い歌声が響いてて、この曲がもっともっと好きになったし、みかこしのことがこの1曲でもっともっと好きなった。

 

アンコール

18.Maybe the next waltz

アンコール1曲目は来月発売の新曲。この時点ではまだアニメEDサイズしか公開されてなかったから、フルはもちろん初めて。

EDサイズの時点で最高やったけど、Q-MHzさんやし絶対2番以降も色々仕込んでくるぞー!と思ってたらやっぱりでした…!

ラストサビに向けての展開の仕方とかもすごかった。なによりえげつない高音祭り。みかこしの綺麗で繊細で透明感のある歌声にばっちり合うし、ワルツのリズムも聴いてて心地良い!

初めてのツアー「THEE Futures」で、発売前やった3rdシングル「終わらないメロディーを歌いだしました。」を初披露した時は、

難しい曲なんやな…とは思いつつ、かなり歌いづらそうというか、正直まだ披露できるほど歌い込めてない段階なんやなって感じが出ちゃってたように思うけど、

今回、初披露にも関わらず、かなり完成度が高くてびっくりした!

難しい曲やのにそれを感じさせへんし、もうばっちり自分のものにしてる感じがあって、これは回数を重ねるごとに絶対もっともっと良いものになっていくなっていう期待感もすごかった…!

 

19.Latimer road

予想外の「Latimer road」!なんとなくないかなと思ってたからびっくりしたけど、よく考えたらクラップ入れるところも多くて盛り上がるしね!

「Latimer road」はみかこしの歌い方が可愛いところが多いから好きやし、今回も「さよなら バイバイ」とか「よろしくベイベー」のところとかすっごい可愛かった///

サビの「大丈夫 大丈夫」とか「Latimer road Latimer Road」って繰り返すとこって、みかこしが語りかけるように歌ってくれるから、自然と体が乗ってくるし、みかこしの「大丈夫」にすごい癒やされる。

「君が来る」「そしてみんな」で、ぱっと声のトーンが変わるのには、いつもぐっと引きつけられるし、

「怖いくらい~」からのゆったりとしたリズムで歌うところでは、みかこしの歌声に体を預けてゆったり落ち着ける感じ。

両手をあげてクラップをするみかこしも可愛い!!!

 

20.Lonely Battle Mode

最後にもってくるとは予想外!でもぶち上がる曲やし、最後はみんなでとにかく盛り上がって終わろうっていうことやと思って、全力で飛んで声出しましたわ!

この曲、歌詞としてはいわゆるツンデレって奴で、強めの口調やったりするけど、歌い方・歌声としては、他の曲にはない可愛らしさやったり、女子感が全面に出るんよね。

「都合良すぎでしょ」とか「いそいで来てよ」「君はどうでもいいの?」の歌い方がめちゃくちゃ可愛くて可愛くて///

2番の「ひまなとき~」のとことか、たたみかけるように歌詞が続いて言葉数が多いけど、サビの勢いそのままに完璧に歌えてて、しかも歌い方もちょっと拗ねた感じで可愛かったなぁ…

バンドの人に詰め寄るようなフリをしたり、楽しそうにステージ上で暴れ回ってて、これだけ100%楽しい!で締めるライブって、すごいなって思った。

東京のリリイベで「Lonely Battle Modeは疲れるから最初の方に歌いたい」的なことを言ってたらしいけど、結局ラストに持ってくるっていうね…笑

みかこしと一緒に、コーラス部分で思いっきり声出して、全力で盛り上がれて、ほんまにほんまに楽しかった…!

 

 

 

 

 

 “Blooming Maps”ツアー初日、楽しかった!!!

とにかく、楽しくて、楽しくて、みかこしがこの楽しい空間を作り上げてくれたことにも感動したし、ほんまに最高のツアー初日!

セットリストもアルバムを中心に、懐かしい曲も織り交ぜて、全体的にまとまってて、色んな要素を色んな角度で楽しめる。

かなりハードなセトリやし、MCも少なめで、アンコールでのツアーTシャツ以外はなし。

歌で勝負のライブやな!っていう気合いも感じられるし、1曲1曲からそういう意気込みが伝わってきて、こっちも全力で楽しもうって思える。

あ、あとライブ開始前のアナウンスが今回からみかこし自身がやってて、

ライブお決まりの注意事項やけど、その言葉選びがすごいいいなーって思った。

それぞれの楽しみ方で…って一言があるだけで、いろいろ気にしたりせず自然体で楽しめるし!

 

MCで語ってくれた、「ライブは旅」「最後まで小松未可子をよろしくお願いします」の言葉。みかこしが歌に込めて伝えようとしてくれてること。セットリストに組まれた移籍前の曲。

色々考えることはあるし、思うところもあるけど、

今はとりあえずこのツアーをただただ楽しみたいなと思うし、みかこし自身がただただ全力で楽しい!って思えるツアーになったらいいなって思います。

 

とりあえずは東京公演の感想ということで、その他もろもろのことはツアー終了後に…

 

とにかく最高なツアー初日!最高の幕開けやー!

(あと、この日のみかこしさんはひたすら美しかった…綺麗やった…可愛かった…)