やることやっとく

小松未可子さんのことを中心に、好きなことを好きなだけ

小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps" 追加・東京公演

 

 

2017/8/12 小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps”

ツアー最終日!追加公演の東京公演です!

 

以下はセトリ、MC、内容等のがっつりネタバレになりますので、

閲覧はご注意ください!!!

(ラストまで終了したのでいいのかなーと思いましたが、一応…)

 

 

小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps”

2017年8月12日(土) 東京都 恵比寿LIQUIDROOM

 

f:id:m_moi:20170815103201j:plain

いつも通り会場の写真を撮ったはずがなぜか残ってなかった…ライブ終わりに放心状態で撮ったからなんか間違って消してもたんかなぁ…

 

 

  1. また、はじまりの地図
  2. Imagine day,Imagine life!
  3. エンジェルナンバー
  4. Infinity Sky
  5. 純真エチュード
  6. ランダムメトロノーム
  7. 硝子の地球儀
  8. ふれてよ
  9. Tornado voice
  10. short hair EGOIST
  11. だから返事はいらない
  12. 流れ星じゃないから
  13. Sky message
  14. My sky Red sky
  15. Catch me if you JAZZ
  16. HEARTRAIL
  17. my dress code

    アンコール

  18. Maybe the next waltz
  19. Starry Rally
  20. Lonely Battle Mode

会場限定曲 

 

とうとうツアー最終日…!

追加 東京公演の感想です!(ツアー全体の感想はまた後日~)

今回、ライブではかなり…というか自分自身今までで一番近い位置での参加になったので、興奮しすぎてところどころ記憶がありません(笑)

思い出せる限りの、自分の感想を残しておこうと思いまーす。

 

 

1.また、はじまりの地図

多分今までで一番落ち着いてた、私が。

思えば初日はツアースタートの興奮か、この曲でもぶち上がって盛り上がってた印象やったけど、

ここにきて「そういえばこの曲はこういう曲やった」って曲中に思うくらい、アルバムの時に感じた“静かだけど熱い”始まりの曲って感じがした。

ほんまに「また、はじまりの地図」のピアノの綺麗な音とみかこしさんの歌声ってぴったり合うよね。

曲中、ふっと下に目線を落とすことが多くて、そのちょっと目を伏せた表情がすごく綺麗で、

笑顔より真剣な表情のまま1曲歌ってたこともあって、1曲目でぐっと引きつける感じがより強く出てた。

「点をまた一つ書き込んでく」の綺麗な高音の伸び、「新しい旅が始まるね」のまっすぐ前を見た瞳が、

「あーこの曲がアルバムの、ツアーの1曲目で良かった」って思わせてくれた。

 

2.Imagine day,Imagine life!

「また、はじまりの地図」が落ち着いて抑えめやったから、そこからの盛り上がりへの急上昇の仕方はすごかった!やっぱりあの入り方は上がる!

今まではサビでのスピードについて行くのがちょっと大変そうに見える時があったけど、今回はそういう感じが全くなくて、すごい楽しそうに歌ってたのが印象的。

2番の「今日は手が届きそうだよ」で、ふっと声が優しくなったのもよかったし、サビの「きっと きっと楽しいね」の部分でほんまに楽しそうな表情をしてたのもすごい嬉しかった…!この曲をあんなに嬉しそうに、楽しそうに歌ってるってだけでも、こっちまで嬉しくなっちゃう…

あ、「気楽にWinkして」のウインクは今回が一番“気楽に”ウインクできてたと思う(笑)すごい自然やった(笑)

 

3.エンジェルナンバー

最初のYeah!!!で飛んでからちょっと記憶がない…笑

Imagine day,Imagine lifeから続けて、はしゃぎ過ぎちゃった…笑

でもほんまにそんぐらいただただ楽しかったー!!!みかこしさんもめちゃくちゃ笑顔で可愛かったし///

あとまぁここで初めて目の前のお立ち台で歌われて、あまりの近さに「お、おお…」ってなってしまった…

接近戦は何度も経験があるのに、歌を歌う姿が目の前(というか、見上げる感じ)にあると、今更過ぎる「うわー、この人ほんまに存在するんや」的な感動をしてしまった…

この日の「せーので、振り向かせてみて」はバンドの黒須さん、新井さんの間に立って、悪戯っぽく。可愛い…!!!

「いただきます!」後のクラップの部分も、みんなで大合唱の「おっおおー!」もとにかく楽しそうで、私もほんまにめちゃくちゃ楽しかったー!「鳴らそうよ」の後のジャンプ、今までで一番飛んでたもん(笑)

ラストは恒例になりつつある「小松未可子です!」で締め。

 

4.Infinity Sky

「ツアーファイナル!最後まで楽しんでいってください!」の一言からInfinity Skyへ!

エンジェルナンバーの盛り上がりが続いてる感じで、ちょっと弾けた感じの歌い方やったなぁ。

初日の渋谷公演でもやってた「ぱらぱぱっぱーぱぱぱー」の部分での腕を体の横で回しながらリズムに乗って揺れるあの動きを、目の前のお立ち台でやられてちょっともう可愛すぎてどうしようかと思った///正直それが衝撃的に可愛すぎてあとは記憶がぼんやり…←

あ、あと「キラキラ手に触れて」の手をひらひらさせる仕草が、いつもは可愛い感じやけど、この日はほんまにひらひら~って感じで手の動きが綺麗やったなぁ。

 

5.純真エチュード

やっぱりちょっとマイクスタンドが歌いづらいんかなぁ…?この日はちょっとハウッてたし。

でもそんなことは気にならんぐらいとにかくこの曲は楽しい!!!

振りコピもクラップも楽しいし、なにより踊ってるみかこしさんの姿がめちゃくちゃ可愛い///

今回、「Good night!」は目に焼き付けようと思って凝視してたからばっちり見られたし!!!

「なんてまだ甘いのかな?」の歌い方がCDのちょっと甘い感じじゃなくて、勢いで歌いきった感じでめっちゃよかった!

 

6.ランダムメトロノーム

ここまでの勢い・アップテンポの流れを切ってのゆったりとしたランダムメトロノーム。セトリの流れは今までと一緒やけど、入り方が今までで一番自然やったというか、テンポの変化が緩やかですごい良かった。急に冷めるわけでもなく、変に引きずるわけでもなく。

みかこしさんのゆったりとした歌い方、歌声に、会場全体が包み込まれていく感じ。でも、ゆったりとはしてるけど、サビの歌い方はすごい力強い。

「深呼吸で「あのね」って」の部分は、CDとは違ってさらっとストレートに歌ってた感じで、

最後の「行ったりきたりだよ」まで、聴いててすごい心地よかった。

 

7.硝子の地球儀

イントロでの真っ直ぐ、強い眼差しとか、「分かってるつもりでも」の入りの前に息を吸い込んだ時の表情がものすごい美しかった…

アルバムの時は、歌詞の世界観が壮大すぎて…と思うことがあったけど、

ライブではとにかくみかこしさんの歌唱力とか、歌詞一つ一つへの感情の込め方とか、1曲通して全力で歌い上げる姿とかで、

曲に全く負けない…っていうのを感じさせられたなぁ。

ラストの「このセカイは脆いセカイ」で、ふっと繊細な部分が見えるのも、ライブやからこそ感じられるこの曲の魅力!って感じ。

 

8.ふれてよ

ライブでのアレンジがすごい好き。入りの部分とか、ギターの感じが、曲の雰囲気をがらりと変えるし。それに合わせてみかこしさんの歌い方もCDよりも、伸びやかになってるし。

ブレスの感じとか、声の広がり方とか、高音の伸び方とか、1曲の中にたくさんの要素が詰め込まれてて、息を飲んで聴き入る感じやった。

あと、1番終わりの「唇がふれたら」で、口元から指をふっと離す仕草がとっても綺麗でした…

 

関係ないけど、みかこしさんってバラード系とそうじゃない曲の時とでマイクの持ち方が違う気がしてて、

バラード系の時は昔よくやってた動きをたまにするからなんとなく懐かしくなってしまった…

(右手で持ってるマイクの位置を左手で何度も細かく調節するあの仕草…「THEE Futuers」ツアーあたりまではすごいよくやってた印象。ちょっと手持ちぶさたな感じで、何度も持ち替えたりとか)

 

9.Tornado voice

「新曲やってもいいですか?!」からの「Tornado voice」初披露!

ロックナンバーで、コール部分も多いし、絶対盛り上がるぞー!って期待の通り、めちゃくちゃよかった!!!

 初披露ってこともあって気合いが入ってたのか、バンドの暴れっぷりもすごくて、みかこしさん自信も弾けまくってて、楽しそうでよかったー。バンドと絡むみかこしさんがほんまに楽しそうなんって、それも今回のツアーでの新しい姿やなって思うから、見てて嬉しくなるし。

2番サビを目の前のお立ち台で歌われてたんやけど、「元気一杯 earthing earthing」のとこですっごい楽しそうな笑顔が見れてすっごい可愛かった///

ラストの「ついでにkissしちゃうもんね」はCDやと「もーんね」って感じやけど、

ライブでは「もんねっ」ってちょっと悪戯っぽい感じの歌い方で、無邪気な可愛さに思わず声を上げて興奮してしまった///

 

10.short hair EGOIST

「Tornado voice」の熱さ・勢いをそのままにイントロから大盛り上がり!

「ちゃっちゃっと刻んで」の“ちゃちゃっと”に合わせて手を振る仕草とか、「後ろ髪なんてもういらない」のポニーテールを揺らす仕草とか、歌ってるときの動き一つ一つにテンションが上がる!サビのスピード感ももちろん、「bang!」でのジャンプとか、2番前のラップ部分とか、とにかくはしゃぎ回って、

このあたりでまたまた再び意識がぶっとびそうやった(笑)

 

11.だから返事はいらない

「Tornado voice」「short hair EGOIST」の流れから入る「だから返事はいらない」はまたガラッと印象が変わる!

この曲はCDとライブでも全然印象が違うし、多分セットリストのどこに入るかで全然違う曲に変化していく不思議な曲やと思う。

盛り上がった勢いを引き継いですっごい楽しそうに歌ってて、でも歌詞は丁寧に歌われてて、次の曲に上手く繋がっていくようになってた。

この曲を楽しそうに歌うみかこしさん…を見られることがなによりも嬉しい!

 

12.流れ星じゃないから

大阪でこれ以上無い「流れ星じゃないから」が聴けたと思ったところを、出だしの「綺麗だったね」だけで打ち破った感じ。

歌声の透明感、繊細な響き方、サビにかけての声の広がり方…全部全部、みかこしさんが全身全霊を込めて歌ってるのが感じられて、めちゃくちゃ感動した。

歌詞をひとつひとつ優しく丁寧に歌う姿を見てて、ポップな曲とか盛り上がる曲で楽しそうにしてるのは今回のツアーでたくさん見られたけど、

この日、この曲で、バラードを歌ってる姿でも、“歌を歌うこと”を楽しんでるんやなっていうのが、すごい感じられて。

それがほんまにほんまに嬉しくて胸がぎゅっとなってしまった…

ラストの「流れ星じゃないから叶わない」は、すごく繊細な今にも壊れそうな歌声で、その響きがすっごい綺麗やった。

 

13.Sky message

曲前に、MC。

ツアーで4公演を回って感じたこと。その時々のステージから見る景色が違って見えて、まさに旅だと思ったこと。そのどれもが次の旅に繋がっていくこと。

昔の曲も今歌ってみると、過去の自分からの旅でもあったりして、

今の自分の旅に繋がって、今回のツアーがそれをみんなと共有できる旅になったことが幸せ…と、今回のツアーについてを話してくれて。

「また新しい旅を続けていけるよう、これからも小松未可子をよろしくお願いします」の言葉からの「Sky message

MCでの、過去の自分からの旅…って言葉とか、とにかく真っ直ぐな眼差しと、

力強い歌い方がリンクして、今までで一番ストレートに伝わってきた。盛り上がってる中でも、どこか冷静に歌ってるように見えて、

この1曲で熱い想いを伝えようとしてるんやなっていうのが、強く感じられた。

 

14.My sky Red sky

バンドメンバー紹介、コール&レスポンスからの、「My sky Red sky」

この入り方のアレンジ、ほんまに熱くて最高…!

この時の「これからの自分にとって大切なもの」の部分が、MCでの言葉に繋がって、ぐっときた。

「世界よ美しく目覚めて」の高音もすっごい綺麗に伸びてて、ラストの「これからの世界はもっと輝いてる」まで、1曲通してどんどん高まっていく感じがめちゃくちゃよかった!!!

 

15.Catch me if you JAZZ

もう相変わらず最高すぎるイントロお入りからテンションもぶち上がってたんやけど、

1番サビに入るタイミングでお立ち台に上ろうとしたみかこしさんが足を踏み外すハプニングがあって。すぐに立ち上がって問題はなさそうやったけど、自分で笑っちゃってなかなか立て直せず、結局1番サビは丸々飛ばしてしまうという(笑)

2番からはしっかり立て直して、サビまでしっかり歌い上げて盛り上げてたけど、

ほんまに怪我がなくてよかった…とひやひやしてしまった。

 

っていうかこのへんのどの曲やったかなー、みかこしさん動きすぎてイヤモ二が吹っ飛んでてスタッフさんが前に直しにきたりしてたけど、めちゃくちゃ真顔でちょっと笑ってしまったわ。

 

16.HEARTRAIL

アクシデントもあったからか出だしは動きがちょっとおとなしめ(笑)でもすぐにバンドメンバーで楽しそうにはしゃぎ回ってて、会場全体の盛り上がり方もすごかった!

というか、「高く 高く 高く、ね!」に合わせてジャンプ3段階、一瞬自分めっちゃ飛んでてびびった…笑

中学のバスケ部時代のリバウンド並に飛んでたな。

とにかくそれぐらい盛り上がりが最高潮で、みかこしさんもすっごい楽しそうで、めっちゃくちゃ楽しかった!

 

17.my dress code

マリンバの音に乗せて、「最高に楽しかったです!またほんのちょっと先でみんなで会いましょう!」の言葉から、本編ラスト曲「my dress code」

この時、すごい色んなことが脳裏に浮かんでて…ツアーが終わる寂しさやったり、みかこしさんの言葉やったり、みかこしさんのファンになってからこれまでのことやったり、再出発のことやったり、それから自分のことやったり…

色々な感情でいっぱいいっぱいで初っぱなから泣きそうではあってんけど、

ちょうど「wow…」のコーラス部分を客席が合唱してる時、

ぱっとみかこしさんと目が合って、ぐっと堪えてたものが全部ぶわっと涙になってでてしまって。それを見て、みかこしさんがふっと微笑んでくれて。その時の表情が、今までに見たことがない表情で。

あの瞬間、あの光景、ほんまにほんまに忘れられへん。今まで、お渡しで目を合わせて直接話をしたり、ハイタッチをしたりした時よりも、あの一瞬はほんまに、自分の中では衝撃的やった。

大袈裟な話やけど、私はあの瞬間、全部が報われた気がして。治療も手術も頑張って良かった、またこうやってみかこしさんが歌を歌う姿を見られる場所に戻ってこられてよかったなって、思った。そんな訳はないねんけど、あの瞬間、私だけのために歌ってくれてるような感覚になった、っていうんかな。もちろん、そんな訳はないし、そうではないんやけど、私の中ではそのくらい大きな意味のある時間になった。

で、このブログを書きながら聞いてたんやけど……14日放送のリッスンのオープニングで、みかこしさんが「my dress codeで目が合った女の子が泣きそうで、それを見てもらい泣きをしそうになった」って話をされてて。

それが私のことを指して言ってるのかどうかは別にいいとして(正直な本音は私のことやったらめっちゃ嬉しいけど)、

みかこしさんがあの時、そういう感情を抱いていたっていうだけでも、それをラジオで口にしてくれたっていうだけでも嬉しいし、

私自身もあの時、“そう”思ったっていうことだけでも、自分の中で大きな意味があるから。それでいいかなって。

このことに関しては上手く言葉にできひんし、こうやってブログに書くのもどうかなーと思ったけど、

ただ、この時の、あの瞬間を、「my dress code」を私は多分ずっと忘れへんし、

ずっと大切にしていけたらいいなーって思ったから、こうして言葉にしておこうかなぁと思って書いてみました。

 

1曲通して、すごい優しい穏やかな笑顔で歌ってたのが印象的で、 語りかけるように歌ってくれてたなぁ。

 

 

アンコール

18.Maybe the next waltz

「Catch me if you JAZZ」でのアクシデントに触れて、ツアーグッズの話、ハピこしの話、そして新曲「Maybe the next waltz」のお話。

自分を律しながら、熱いものを抑えて歌うって話の通り、ワルツのリズムの中で、情熱的やけど、でもどこか秘められたものを感じさせるような歌い方で、すごいよかった。

特に2番以降は歌詞の言葉ひとつひとつを丁寧に歌ってた印象で、

サビ前の「音楽に想いを託して踊るだけ」の部分も、CDよりもぐっと抑えられてたように感じて、やからこそサビで一気に音が広がる感じがより強く感じられた。

大阪公演の時もやったけど、曲の最後にスカートをちょっと持ち上げて、お姫様がお辞儀する時みたいな仕草をするのもめっちゃいい…!

 

19.Starry Rally

最新曲から、1stアルバム曲へ繋げる、このセットリストも、MCでの「過去からの旅」って話を聞いた後やと、グッとくるものがあるよね。

ラストサビ前の「スタートダッシュして」のところで、またまた目の前に。めちゃくちゃ笑顔で、ワイパーも楽しそうやったなぁ。

大阪公演でなかった「みぎひだり」の指さしもあったし、「when you wish upon a star」の歌い方もライブ感があってよかった。

 

20.Lonely Battle Mode

終わっちゃう…寂しい…でちょっとしんみり……する暇もないぐらいぶち上がって飛び回ってめちゃくちゃ楽しかった…!

途中ちょっともうぶっ倒れるかと思うぐらいやったけど、とにかく楽しそうなみかこしさんに煽られて、めちゃくちゃはしゃぎ回った!!!

いつもはしゃぎすぎて「今日会いたいと言いなさい」のとことか、

見逃してたから今日はちゃんと見ようと思って、飛びながらもなんとか歌ってる所を目撃できました…可愛かった///

バンドメンバーもみかこしさんもごりごりに煽ってきてて、ステージも客席もツアー中、一番の盛り上がりやった!ほんまにほんまに、ただただ楽しかった!!!

 

 

今回、追加・東京公演では、

アンコールも終了して、挨拶後、みかこしさんが捌けると、「もう一回」のダブルアンコールが。

捌けると同時に終了のナレーションが流れたから、正直「このアナウンスがあるのにダブアンはちょっと…」と思って、私自身は最初コールは参加してなかったんやけど、

結構な時間コールが止まへんかったし、会場側からの終了アナウンスもないから、これはもしかしたら可能性がある…というか、裏で何か考えてくれてくれてるなと思って、途中からコールに参加。

しばらくすると、みかこしさんから「初めての事態に戸惑っていること」「嬉しいけど、ツアーとして今までやってきた内容を変えることはできないこと」「でも絶対またこれを超えるライブをやるから、遊びにきてほしいこと」が影ナレでアナウンスされて、本当に終了!

私は基本的には終了アナウンスがあったらダブアンは無し…っていう考え(というか、そういう暗黙の了解と思ってる)やけど、

あの流れでの「もう1回」はものすごい気持ちも分かるし、

結果的にみかこしさんからああやってアナウンスがあって締められたから、まぁよかったかなって。

2012年のハピこしで「ライブじゃなくてイベントって認識やからアンコールはなしって決めた」って言い切ったみかこしさんを思い出したなぁ。そういう芯の通ったところ、自分の思いに真っ直ぐなところが変わってなくて、ダブアンがなくても逆に気持ちの良い終わりになったなって思った。

 

ツアーファイナルってこともあって、気合いが入ってるんやなって部分とか、気持ちの込め方が違うなって感じる部分も多くて、

なによりほんまにほんまに心の底からみかこしさん自身が楽しんでるっていうのが、見てて感じられて、ツアーの集大成として完璧なライブやった!

今までで一番近くで鮮明に歌う姿も見られたし、自分の中でも色々と感じる部分があったし。

忘れられへん、ほんまに、ほんまに、心の底から楽しいライブになりました!!!

 

 

 

ツアーを通しての感想は、また別に……